学校施設開放事業について

更新日:平成28年6月


1. 施設開放 2. 開放する施設 3. 開放する時間帯 4. 利用可能者
5. 団体登録および利用申し込み
6. 調整および通知の結果
7. 使用する際の注意事項 利用上の注意 遵守事項
8. 損害賠償責任及び義務
9. その他

各種申請書類はこちらからもダウンロードできます


学校開放については岩戸養護学校開放事業実施要綱にもとづいて行っています。詳しくはこちらをご覧下さい。



1 施設開放
本校は障害児者団体の学習・文化・スポーツ活動の振興のため、また、地域に親しまれる学校づくりの促進を図るために、学校施設開放事業実施要綱に基づき、学校教育に支障のない範囲で学校施設の一部を開放します。

2 開放する施設

(1) グラウンド
(2) 体育館
※体育館については、電気代実費相当額を請求します。

3 開放日と時間帯
(1) 土曜日・日曜日。なお学校行事実施日と4月及び祝日は開放しません。
(2) 午前9時 〜 午後4時まで
※ただし、校長が必要と判断した場合は、開放日時の変更や開放を中止することがあります。

4 利用可能者

(1) 障害児者団体
(2) 本校生徒の保護者
(3) 卒業生等の学校関係者の団体
(4) 地域の住民

※ 次のいずれかに該当する場合、利用は承認されませんのでご注意ください。
@ 特定の政党もしくは公選による公職の候補者の支持
  または反対のための利用、その他政治活動のための利用。
A 特定の宗教の支持または反対のための利用。および宗教活動のための利用。
B 営利を目的とした利用。
C 公の秩序または善良な風俗を乱す恐れのある利用。
D その他学校長が不適当と認めた利用。

5 団体登録および利用申込み
(1) 団体登録
利用を希望する団体は、原則として毎年4月に施設利用登録申請書(様式1)施設利用者名簿(様式2)を事務室に提出し、団体登録申請の申込みをします。
※登録申請が承認されると、利用申込みの際、記入する団体番号をFAXで通知します。
(2) 利用申込み
団体登録が承認された後に、施設利用を希望する団体は、利用希望日の属する月の前月初日から15日までに、施設利用申請書(様式3)を学校長に提出し申込みます。
※虚偽の申告及び記載並びに「岩戸養護学校開放事業実施要綱」に違反する場合は不承認や取消となります。

6 調整および結果の通知
(1) 利用希望が重なった場合は調整をします。本事業の趣旨に従い優先順位をつけます。
(2) 利用を承認する団体には25日頃に、FAXで通知します。(調整の結果、不承認となった団体に連絡しませんのでご承知おきください)
(3) 利用承認の通知後、承認された日時を利用しないことが明らかな場合は、事前に連絡を入れること。

7 使用する際の注意事項
利用する週の月〜金の9時〜17時(祝日を除く)の間に、学校開放時の裏門のカギ等を事務室まで取りに来てください。カギの他、日誌や諸注意をお渡しいたします。
尚、その時に承認日の記載されたFAXをお持ちください。施設利用承認書(様式4)の引換券となります。
使用の際は下記事項の厳守をお願いします。違反がある場合は、利用をお断りすることや登録を取消することがありますので、ご注意ください。

【利用上の注意】
・学校敷地内で喫煙しないこと
・火気厳禁
・ゴミなどは必ず持ち帰ること
・節水や節電につとめること
・消灯及び施錠は確実に行い、未施錠がないか確認してから帰ること(特に体育館1Fトイレ)
・トイレで使用するトイレットペーパーは各団体が用意すること
・利用した施設の原状復帰(清掃と道具の片付け)をすること
・日誌は必ず記入し、鍵の入ったバッグと共に、事務室脇のポストに返還すること
・裏門は出入するとき以外、常時施錠及び閉門しておくこと(不審者進入防止のため)
・駐車場はグラウンドと体育館の二つの団体で使用しているため、一団体で20台までの駐車とします。
 尚、駐車場所は裏門近くの駐車場に停めてください。(他の場所には車を停めない)
※特段の事情がある場合は、利用申し込みの前に御相談ください。
・グラウンドにラインを引く、若しくはライン用の目印を打ちこむ場合は、撤去してから帰ること。
※生徒が混乱しますので印を打った団体は必ず撤去して下さい。また施設の維持管理の問題や授業に影響があるため、体育館については、テープやマジックなどでラインを引かないでください。
・グラウンドに車両を入れぬこと(授業に支障があるため、車両進入禁止です。)
・事前に承諾を取った器具、備品以外は使用しないこと(授業に支障がある可能性があるため)
※ボール、シャトル、石灰等の消耗品は貸出できませんので、各団体で用意してください。
防球ネットが破損しているため、硬式ボールは使用しないこと
雨天時、およびグラウンドのぬかるみがある時はグラウンドは使用しないこと(授業に大きく支障があるため)

【遵守事項】
(1) 利用承認を受けた開放施設以外の施設に立ち入らないこと
(2) 開放施設の器具、備品等の使用については、あらかじめ校長の承諾を得ること
(3)常に火災、盗難の予防に注意し、公の秩序に留意すること
(4) 開放施設の清潔、整頓の保持に努めること
(5) 利用終了後、開放施設を清掃し、利用前の原状に復すること
(6) 他人に迷惑となるような行為をしないこと
(7) その他、管理上の指示に従うこと


8 損害賠償責任及び義務
(1) 利用者が開放施設を使用中、故意又は過失を問わず負傷等した場合は校長及び学校はその責を負いません。
(2) 利用者が、開放施設等、器具・備品等を損壊又は滅失したときは、直ちにその旨を校長に連絡するとともに、施設・設備破損届(様式5)を校長に提出し、速やかにその損失を弁償してください。


9 その他
施設をご利用いただく方には、万が一の事故に備えて、あらかじめ保険の加入をお勧めします。
5人以上のグループでご利用の場合には、「スポーツ安全保険」(1年間有効)に加入できます。詳細は公益財団法人スポーツ安全協会のホームページをご覧ください。

  

申請書一覧
























 Page Top